会社沿革

Company History

昭和42年3月設立 名古屋市東区豊前町2-68番地
昭和44年12月名古屋市守山区大字小幡字城下61-1に移転
昭和45年7月資本金を1,500万円に増資
昭和46年4月系列会社大洋工業株式会社を株式会社東洋ファスナー製作所と社名変更し、専属工場とする
昭和49年3月名古屋市守山区大字大森字白睛1254番地に移転
昭和57年6月資本金を3,000万円に増資
昭和60年8月本社を小牧市に移転し、工場(第1工場)を新築
昭和61年10月株式会社東洋ファスナー製作所を吸収合併し、東洋ファスナー株式会社瀬戸工場とし資本金3,235万円にする
昭和62年8月第2工場を新築し、瀬戸工場を移転
平成02年4月二次加工の充実を目的とした第3工場を新築
平成02年9月東京駐在所を開設
平成09年1月東京駐在所を移転し、営業所とする
平成13年12月「ISO14001」の認証取得
平成15年4月「ISO9001:2000年版」の認証取得
平成15年6月パーツフォーマー増設により第2工場を増築
平成18年5月第3工場増築
平成19年5月金型工場拡張
平成21年1月第2材料倉庫を新築
平成21年4月超精密NC旋盤を金型課に導入
平成21年10月マイクロスコープ、画像寸法測定機更新
平成22年9月歯車試験機更新
平成23年10月レーザーマイクロスコープを導入
平成24年1月小倉 隆が社長に、小倉昌治が会長に就任
平成24年7月炭化水素洗浄機を導入
平成24年11月東京営業所を東京都江戸川区東葛西5-27-2アゴラビルディング4Fに移転
平成25年12月5軸マシニングセンタを導入
平成26年6月「ISO9001:2008年版」の認証取得
平成27年3月3次元測定機(ターンテーブル式)を導入
平成27年6月真円度測定器を更新
平成27年10月高精度自由形状研削加工機導入
平成28年1月インフィード式特殊センタレス研削盤を導入
平成28年1月開発用7段パーツフォーマーを導入
平成28年4月「ISO14001: 2004年版」の認証取得
平成28年6月金型工場を恒溫室化
平成28年6月超精密成形平面研削盤を導入
平成28年6月超精密歯車研削盤を導入
平成28年7月精密放電加工機を導入
平成28年7月歯車噛み合い測定機を更新