ENTRY
Interview

工場がすごい、製品がすごい。
ここで働ける自分が、すごい。

佐藤 崚平
Ryohei Sato
営業部 東京営業所 営業担当
2018年中途入社

ものづくりに憧れて辿り着いた“すごい”メーカー。

前職の時は正直、自分の将来が見えなかった。学生時代からものづくりの世界に憧れて、新卒で自動車部品の大手商社に入社した。しかし任されたのは、顧客オーダーを受けてメーカーから部品を購入する調達という仕事。大手だからなのか、担当以外の仕事に関わることも無い。例えばお客様は、どんな課題を抱えてオーダーを出しているのか、製造現場はどんな努力をしたのか、もっと知りたかった。だから転職を決め、出会ったのが東洋ファスナーだ。衝撃だった。仕事柄たくさんの工場を見たけれど、断トツにキレイなのだ。製造業の世界ではキレイ=生産能力が高いというのが常識。しかも製品がすごい。冷間鍛造でここまで複雑な形状が可能なのかと驚かされた。こんなメーカーで働いたらどんな経験ができるのだろうと、ワクワクする気持ちを抑えられなかった。

ものづくりに憧れて辿り着いた“すごい”メーカー。

待っていたのは、新しいものづくりに挑む醍醐味。

自動車業界では、最初の見積もりから量産の受注が決まるまで、3〜4年かかることが当たり前だ。それ故に私は、営業として入社したにも関わらず、3年経った時点で一件も受注ができていなかった。しかしその間、何もしなかった訳では無い。お客様先へ足繁く通って信頼関係をつくる。そこから、開発中の自動車に関する技術的・コスト的な課題を伺う。社内に持ち帰って、先輩や技術者と相談の上で、当社で可能な提案と見積もりを固め、プレゼンに挑む。その結果、「東洋ファスナーさん、すごい技術ですね!」と評価をしてもらえるのが何より嬉しい。そうだ、こういう瞬間に出会いたかったのだ。自分たちの技術が認められ、まずは試作品の製作を任せてもらえるまでのプロセスが実に面白い。初受注の瞬間もきっと、そう遠く無いはずだ。

待っていたのは、新しいものづくりに挑む醍醐味。