ENTRY
Interview

思えばいつも側に、
助けてくれる人がいた。

遠山 涼太
Ryota Toyama
技術部 技術課 設計担当
2016年新卒入社

工場を歩き、みんなと交わす挨拶が好きだ。

設計に困った時にはよく、工場へ出向き現場の技術者にアドバイスをもらいに行く。工場の通路を歩いていると、いろんな先輩が声をかけてくれる。「頑張ってるか」「元気なさそうな顔してるけど、大丈夫か」。私はこの会社の人たちが好きだ。いつも気にかけてくれる先輩に囲まれて、ここまで育ててもらった。新卒で入社するとまず、先輩設計者が担当する案件に入り、アシスタント業務を通して仕事を覚えていく。製品の成形に必須の金型設計、製造に必要な作業手順書の作成。指導を受けながら一つひとつの仕事を習得し、製品が世の中に出ていくまでを体感で覚えるわけだ。私も数年間の下積みを経て、最近はようやく、製品の設計担当を任せてもらえるようになったのだが…、これがなかなか難しい。

工場を歩き、みんなと交わす挨拶が好きだ。

誰かが困っている時、すっと横に立てる存在になりたい。

その時、私は追い詰められていた。製造開始を明日に控えているにも関わらず、製造現場に渡す作業指示書が未完成だったのだ。設計担当とは、冷間鍛造の工程や二次加工の有無など、製造に関する全ての流れを考える仕事だ。私が準備を整えて初めて、製造が始まる。しかし目の前の作業指示書は穴だらけだ。なぜこんな状況になったのか、どこかに「自分一人で大丈夫」という過信があったのか。頭が真っ白になりかけたその時、上司がすっと横に立ち「大丈夫か」と声をかけてくれた。あの時、なんとか間に合わせることができたのは、いつも見守ってくれる上司のおかげだった。思えばずっと、誰かの助けを借りて壁を乗り越えてきた。いつかは私も、上司のような存在になって後輩を助けたい。ただ、かなり先になりそうな予感はしているが。

誰かが困っている時、すっと横に立てる存在になりたい。